合宿免許とは

日本の運転免許は、自動車と原動付自転車の運転を認める免許の事で、国家公安委員会並びに警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格であり、各都道府県の公安委員会の名で交付されます。

通常、運転免許を取得するには、各都道府県にある免許センターで学科試験や技能試験、適正試験を受けて合格する必要がありますが、学科はともかく、技能試験はかなりの難関となっています。
そのために、公認自動車学校、もしくは指定自動車教習所に入校し、技能教習を12時限以上と学科を9時限学び仮免許試験に合格すれば公道での技能教習を受ける事ができるようになります。
この技能講習を19時限以上と学科教習16時限を終えた後、卒業検定に合格すれば教習所を卒業し、免許センターで技能試験は免除され、学科試験と適性試験を受け合格すれば運転免許取得となります。

合宿免許とは、この自動車学校に入校して受ける学科教習と技能教習を、指定された宿泊施設に泊まりそこから集中的に教習所に通います。

教習所に通学すると、乗車し学ぶ技能教習の予約が自分の都合に合わせて取ることが難しい場合もありそのため、それなりに通学の日数がかかりますが、合宿免許では効率良く技能教習が受けられるため短期間で卒業が可能になります。

卒業検定まで宿泊して教習所に通うため、その間はそこで生活をしなくてはならない条件となりますが、今では教習所と宿泊、食費までの費用をパックにした合宿免許のプランが全国各地にあり、インターネットで探すことができます。


[特選サイト]
合宿免許のプランを用意している教習所の情報サイトです...合宿免許教習所